読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お米のチルナットエンテイ軸inS17(最高レート1852)

 

f:id:koshihikaripokemon:20161108224147p:plain

 みなさんこんにちは、コシヒカリといいます。今回が初投稿になります。
 ORASも終わってしまうので今更な感じはしますし、そんなにレートも高くないのですが、今回はチルナット軸での最高レート1852を達成したS17の構築を紹介したいと思います。

f:id:koshihikaripokemon:20161108235105p:plain

構築のベースとなっているパーティーはこちらになっています。
http://dassun26.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

 

f:id:koshihikaripokemon:20161108224422g:plain

1.チルタリス @チルタリスナイト
空元気(恩返し) 地震 竜の舞 羽休め
努力値 H84 A188 S236
実数値 H161 A114 B110 C× D125 S143
メガ時 H161 A154 B130 C× D125 S143
H:余り
A:11n 効率がいいらしいです(よくわかってない)
地震→H193ヒードランに乱数1発(68.8%)
地震(+1)→メガルカリオを確定1発
S:最速ヒードラン抜き

 パーティーの主役であり、今や私の嫁ポケ的な存在でもあるメガチルタリスです。比較的にレートで見かけない物理型のチルタリスを採用しました(まずチルタリス自体をレートであまり見かけませんが...)。

 技はメインウェポンの空元気もしくは恩返し、鋼・炎タイプに有効な地震、AとSを上昇させる竜の舞、回復技の羽休めとなっています。
 チルタリス以外の5匹の物理と特殊の比率が2:3であることも関係しているのか特殊型だと思われて対面で居座ってくれるヒードラン地震で落としたり、ルカリオ対面でメガせずに竜の舞からの地震で倒したりと特殊型では相手が厳しいポケモンたちを安易に倒せるのが特徴です。私は空元気を採用していたので、どくどく持ちのサンダーやヤドラン、スイクン等を強引に突破することもできました。HDボーマンダでも同様なことができますが、チルタリスは常に氷技が2倍であるため、ボーマンダよりも安定して積めるのが特徴です。

 メインウェポンは恩返しと空元気の選択になるかと思います。それぞれの特徴は、
恩返し
・H振りメガヘラクロスが50%の乱数1発やH振りニンフィアが確定2発など安定した
火力が出せる(火力があるとは言ってない)
・ただし、火傷するときつくなる
空元気
・Hメガヘラクロスが確定2発(62~75%)、H振りニンフィアが46~55%の乱数2発と火力が乏しい
・状態異常をもらうと火力が上がる(スイクンロトム等を相手したいならこっち)
となっているので、パーティーや環境を見て変えていく必要があると感じました。

 

f:id:koshihikaripokemon:20161108224524g:plain

2.ナットレイ @こだわり鉢巻
ジャイロボール タネマシンガン 叩き落とす 地ならし
努力値 H252 A252 B4
実数値 H181 A160 B152 C× D136 S22
努力値
H:ぶっぱ
A:ぶっぱ
B:余り(Dでも可)

 特に説明のいらないと思いますが、鉢巻を持たせたヤットレイです。
 技は最遅を活かせるジャイロボール、命中安定のタネマシンガン(ウィップは外しが
怖かった)、交代も考慮して選択しやすい叩き落とす、一応ヒードラン対策の地ならしとなっています。
 チルタリスに抜群となる毒技の受け先兼アタッカーとして採用しました。
 技の使用頻度は、ジャイロボール5割、叩き落とす3割、タネマシンガンと地ならしで
2割といったところ(大体)でした。対戦序盤は、相手のパーティー全体に一番刺さる技を選択して全体に負荷をかける立ち回りをしてました。ジャイロボールはタイプ的に不利なウルガモス(耐久無振り)に74.4~88.1%、ルカリオ(ASベース)に73.8~86.9%入るので、受け出しをあまりさせない立ち回りができました。

 叩き落とすもかなりの火力になりますが、サザンドラの眼鏡を落として立ち回りにくくなるなど、こだわりアイテムを落として逆に展開を苦しくしてしまう場合があったので要注意です。地ならしのところは火力重視のパワーウィップや異常状態で火力の上がる空元気でもいいかもしれません。

 

3.エンテイ  @突撃チョッキ

f:id:koshihikaripokemon:20161108224544g:plain

聖なる炎 ストーンエッジ ニトロチャージ 地ならし
努力値 H132 A252 B4 D4 S116
実数値 H207 A183 B104 C× D96 S135
H:16n-1
A:ぶっぱ
B:余り
D:余り
S:ニトロチャージor地ならしで最速130族抜き抜き調整(実数値202)

 特殊技に強い突撃チョッキ持ちのエンテイです。
 技はメインウェポンの聖なる炎、飛行ポケモン対策のストーンエッジ(主にファイアロー)、S上昇ができるニトロチャージヒードラン意識の地ならしとなっています。

 チルタリスナットレイで厳しいゲンガーやクチートサーナイトニンフィア等のポケモンの受け先兼物理アタッカーとして採用しました。また、今回のパーティーではポリゴンの突破が苦しかったので、この子で強引に突破してました。

 基本的に特殊技に合わせて受けだしして聖なる炎を打ってました。交代されても50%で火傷にできるのでかなり使いやすかったです。H振りメガゲンガーでもニトロチャージ(31.1~37.7%)+聖なる炎(61.7~73.7%)で火傷も考慮するとかなりの確率で突破できます。しかし、A2段階上昇のメガクチートの不意打ちが68.8%の乱数1発なのでもう少し耐久に割いてもいいかもしれません。あと、聖なる炎の火傷は思ったほど引きませんので火傷させたらラッキー程度で考えておいた方がいいです。

 

f:id:koshihikaripokemon:20161108224642g:plain

4.ウォッシュロトム  @オボンの実
ハイドロポンプ 10万ボルト 目覚めるパワー(氷) 鬼火
努力値 H252 B100 C20 S132
実数値 H157 A× B140 C140 D127 S123
H:ぶっぱ
B:オボン込みでいじっぱりガブリアスの逆鱗が28.1%の乱数2発
C:H振りカバルドンランドロスのとんぼ返りとハイドロポンプで確定
 HP75%残したマリルリに10万ボルトが乱数1発
S:準速ガッサ抜き

 少しSに割いたオボンの実持ちのウォッシュロトムです。

 技はタイプ一致のハイドロポンプと10万ボルト、ドラゴンポケモン対策のめざめるパワー(氷)、物理ポケモンに強い鬼火となっています。

 チルナットエンテイで重い飛行ポケモン(主にボーマンダファイアロー)と地面タイプ意識で採用しました。サイクル意識だとボルトチェンジですが、腹太鼓オボン発動後のマリルリを倒せなかったのでボルトチェンジを切りました。メガボーマンダにも対抗できるようにめざ氷を仕込んでいます。
 キノガッサの胞子を回避できるポケモンナットレイしかいなかったので、ガッサ意識の素早さ調整をしています。そのかわり耐久が低いので、意地っ張り鉢巻ガブリアスの逆鱗が56.3%の乱数1発です。ガブリアスがいるときはドラゴン技の受け先を持って行った方がいいと思います。最後にこいつを使う以上ハイドロポンプと鬼火の命中率に関してはしっかり理解して使ってください。

 

f:id:koshihikaripokemon:20161108224700g:plain

5.ゲンガー @ゲンガナイト
シャドーボール 滅びの歌 道連れ 守る
努力値 H252 C4 S252
実数値 H167 A× B80 C151 D95 S178
メガ時 H167 A× B100  C191 D115  S200
H:ぶっぱ
C:余り
S:ぶっぱ

 滅びメガゲンガーです。技はタイプ一致のシャドーボール、この型のカギになる滅びの歌、最悪1体処理する道連れ、ターン稼ぎに使える守るとなっています。
 今までのポケモン達で突破が厳しいメガフシギバナモロバレルポリゴン2の対策、その他サイクルを回すうえで邪魔になるポケモンを無理やり突破する枠として採用しました。対面するとすぐに引かれてしまうので、あらかじめメガ進化してかげふみでキャッチしておきたいところです。守るの枠は身代わりとの選択になりますが、守るは相手の技や型を知れたり、こだわり持ちのポケモンの技を固定できたりするので、私は守るを採用していました。

 

f:id:koshihikaripokemon:20161108224808g:plain

6.霊獣ランドロス @こだわりスカーフ
地震 ストーンエッジ 馬鹿力 蜻蛉返り
努力値 H84 A148 B28 S248
実数値 H175 A202 B113 C× D100 S140
H:11n-1
A:無振りサザンドラに馬鹿力が93.8%の乱数1発、無振りのガブリアス地震が確定2発(55.7~65.6%)
B:陽気ガブリアスの逆鱗を確定3発(41.7~49.7%)
S:準速88族(ドリュウズと)同速(個体を甘えた結果同速までしかできなかった)

 地面タイプ(ガブリアスドリュウズ等)対策と高速アタッカー(ゲッコウガメガゲンガーメガルカリオ等)対策で採用しました。地面タイプでもあるので電気技が効かないのも利点です。このパーティーは初手ガルーラやゲッコウガが多かったので初手に出してとんぼ返りで型を判断したり、地面技や電気技が来ると思われるターンに出して負荷をかけたりするように使いました。
 馬鹿力の枠はゴーストタイプにも通る叩き落とすとの選択になると思いますが、個人的にはガルーラやポリゴン2にも通る馬鹿力の方がいいのかなと思います。
私は厳選を甘えてしまったため出来ませんでしたが、SがVならば努力値を実数値141まで振り、準速88族抜きにするのがおすすめです。

長い文章になってしまいましたが、この辺でS17に使用した構築の紹介を終わりたいと思います。次回はパーティーではなく使ってきたチルタリスの型とかを紹介できたらと思っています。最後まで読んでいただきありがとうございました!!